にゃんこの法則

主に映画、ゲーム、雑談をテーマに書いてます

続編「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」をレビュー。

どうもにゃんこ二等兵です<(_ _)>

いつもご愛読ありがとうございます。

これからもお付き合いのほど宜しくお願いいたします<(_ _)>

f:id:nyankonohousoku:20171118150846j:plain

 

先日に引き続き「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」を観ました。

先日の記事はこちら 

www.nyankonohousoku.com

前作の私の評価は低いです。

その理由は上の過去記事を参照。

今回はあらすじから。

キャラクター紹介は前作とあまり変わらないため省略いたします。

※ネタバレあり

目次

あらすじ 

超大型巨人によって破壊された壁の穴を修復すべく、外壁修復作戦に出発しエレン達であったが、巨人の急襲で窮地に陥ってしまう。調査兵団を率いる“人類最強の男”シキシマによってその危機を免れるが、巨人は侵攻の手を緩めない。そんな中、手負いとなったエレンは、仲間のアルミンをかばい、巨人に飲み込まれてしまう。誰もが絶望しかけたその時、謎の黒髪の巨人が出現し、他の巨人達を駆逐し始めたのだった。その巨人の正体はエレンだった。一体なぜ巨人が現れたのか。この世界は誰が支配しているのか。全ての謎が明かされる。

感想

冒頭から約30分間はほとんど戦闘描写はなかったので、このペースだとちゃんと完結できるか冷や冷やしてみてました。

前作で誰?と思ったシキシマ隊長が今回は良い働きをしてました(笑)

しかし原作とは設定がかなり違う為、もしファンが見たら受け入れられる内容ではないかもしれないです。

ざっくりな流れを説明すると、冒頭はクレバ率いる政府軍が巨人化したエレンの抹殺、巨人の謎について語られ、中盤はシキシマとエレンたちの対立&戦闘、終盤は前作で防御壁を破壊した超大型巨人との戦闘です。

私の率直な感想は前回より酷いと感じました。

理由はまず原作にはいないシキシマというキャラをピックアップし過ぎな点、國村隼演じるクレバが超大型巨人という謎展開なら冒頭の巨人の説明があんまりいらなくなる点。

流れを意識しすぎて失敗した典型的な失敗作と言わざるを得ないと思います。

流れは良かったですが、内容とマッチしていないため失敗してるんじゃないかと思っただけです。

超大型巨人=クレバという謎展開なら、草彅剛が演じるエレンの父、グリシャとエレンのシーンは何のためにあったのか、巨人についての説明シーンもそこまでいらないのではと思いました。

そして中盤あれだけシキシマとエレンが対立していたのに終盤、VS超大型巨人戦でのシキシマの突然のエレン側についたりと何なのかよくわからない描写がありました。

巨人の説明・・・巨人の正体は人、人が巨人を作った、何らかの形で暴走し突然大量に巨人化する人が増える、そして残った人類と巨人の戦い、勝利した巨人が地球を支配する、残った人類が防御壁を作り前作に至る、といった内容。

ちなみにシキシマも巨人という、本当に意味が分からない(笑)

要約すると

シキシマは今の現状を作った政府や何も行動せず従っている民衆が許せない、自分たちが新たな世界を創りたいリベラル派。

クレバは自分さえ良ければいい考えの元、人類を自分の支配下に置きたい=今の現状を維持したい保守派。

エレンは外の世界を観たいけど、改革は必要ないし、だからと言って現状にも不満な中立派。

この描写を描くのに、いらないシーンや説明が多々あり、そのせいで内容が薄くなったんだと今作でハッキリと証明されました。

戦闘シーンも前作とやってる事は変わらず、目新しいことはなかったです。

シキシマが巨人になる方法をしっている事やクレバが完璧に理性を保ちつつ、巨人化出来るのは何ででしょうか?

そっちの方が結構重要だったりします。

理性が保てないからエレンが危険視されていた訳です。

まるで初めからそんな設定がなかったことのように、結局最後まで説明がないまま終わりました。

伝え方や伝えないといけない情報の取捨選択が出来ていない映画だなと思いました。

最後もハッピーエンドなのか分からないです(笑)

おそらく、俺たちの冒険はここからはじまる!的な終わり方です。

という訳でそろそろ総評に。

総評

  • ストーリー性 ★☆☆☆☆
  • キャラクター ★☆☆☆☆
  • インパクト  ★☆☆☆☆
  • 面白さ    ★☆☆☆☆
  • シキシマ   ★★★★★ 

私が一番レビューしてきた中で最悪の評価です。

ストーリー性・・・前作の挽回どころか、むしろ今作の方が評価が低い。設定がめちゃくちゃなせいで支離滅裂

キャラクター・・・特になし。

インパクト・・・衝撃シーンや心に残るシーンは特になし。

面白さ・・・特にギャグシーンもないですし、笑い以外での面白さも特にないです。

シキシマ・・・前作より仕事してました。リンゴもあいかわらず。

前作同様これ目的で観ていた方が楽しめるんじゃないか。そんな感じです。

結果、前作以上に私はお勧めしません。

おまけ

2018年に3月に発売予定のゲーム「進撃の巨人2」(PC / PS4 / PS Vita / Nintendo Switch)の最新映像アクショントレーラーが公開されました。

(タップして再生) 

調査兵団と巨人達との激しい戦闘シーンを収録。

調査兵団が使用する立体機動アクションのほかに,巨人の背後へ瞬時に移動する必殺技「フックドライヴ」,巨人の不意を突いて攻撃をしかける「奇襲攻撃」,味方からの救援を受ける「バディアクション」など,本作で追加された新たな戦闘アクションを収録。
そして強敵「獣の巨人」の襲撃シーンも収録されている。

楽しそうですね。

操作が難しそうですが(笑) 

という訳で今回はこの辺で失礼いたします。

最後までお付き合い頂きありがとうございました<(_ _)>

それでは! 

www.nyankonohousoku.com