にゃんこの法則

主に映画、ゲーム、雑談をテーマに書いてます

【レビュー】「ワンダーウーマン」を観て、本日公開の「ジャスティス・リーグ」に備えよう。

どうもにゃんこ二等兵です<(_ _)>

いつもご愛読ありがとうございます。

これからもお付き合いのほど宜しくお願いいたします<(_ _)>

 

11/22(水)に動画配信が開始されたので、早速観てみました。

「ワンダーウーマン」を観なきゃ「ジャスティス・リーグ」は始まらない!

と言っても過言ではない。

本日公開の「ジャスティス・リーグ」を観る前に是非知ってもらいたいと思い、キャラクター紹介も含めて、レビュー、考察をしていきたいと思います。

※ネタバレあり

f:id:nyankonohousoku:20171122231320j:plain

目次

キャラクター紹介

ダイアナ / ワンダーウーマン

f:id:nyankonohousoku:20171122232351j:plain

アマゾン族の王女。高い戦闘能力と人間離れした身体能力、美貌を有している。外界から隠されたセミッシラ島で育ったため、世間には疎い。一方、知識は豊富で、古代語を含めた数百の言語を話せる他、化学式を読み解く事ができる。外界に出て以降はダイアナ・プリンスと名乗る。
強靭な肉体だが、銃弾を受ければ傷つくので盾や銀の腕輪で防ぐ描写が多い。跳躍力も高いが飛行能力はない。


スティーブ・トレバー

f:id:nyankonohousoku:20171122232556j:plain

アメリカ陸軍航空部のパイロット、アメリカ外征軍大尉。イギリス軍諜報部に協力し、連合国側のスパイをしている。ドイツ軍から新兵器の情報の描かれたノートを奪って逃走した所を、セミッシラに不時着したところダイアナに助けられる。
ドイツの新兵器による大量虐殺を阻止する為、ダイアナの協力を得ながら新兵器の秘匿基地破壊をイギリスに進言するも講和が近い為に無下に扱われた。ドイツの新兵器の使用を阻止する為にダイアナや傭兵達と共に敵地へ赴く。


アンティオペ将軍

f:id:nyankonohousoku:20171122232637j:plain

ヒッポリタ女王の妹でありダイアナの叔母。アマゾン族の将軍。幼い頃よりダイアナの才能を見抜き、最強の戦士にするべく厳しい訓練を行う。


エーリヒ・ルーデンドルフ総監

f:id:nyankonohousoku:20171122232730j:plain

ドイツ軍の独裁的な総監。戦争狂で、講和に傾く情勢を苦々しく思っており、戦争継続の為にイザベル・マル博士にガス兵器を開発を命じる。


パトリック・モーガン卿 / アレス

f:id:nyankonohousoku:20171122232711j:plain

イギリス人の政治家、貴族。講和に傾いて、波風を立てたくない事から新兵器の破壊作戦に乗り気でないイギリスに代わり、スティーブの新兵器破壊作戦を非公式に支援する。
ゼウスの息子であり戦争を糧とする軍神。過去にゼウスとの戦いに敗れて地上へ落ちたが、人間がゼウスの創造物の出来損ないである事を証明するために歴史の裏で人間を扇動して戦争の原因を振りまいた。


ヒッポリタ女王

f:id:nyankonohousoku:20171122232746j:plain

セミッシラを治める女王でありダイアナの母。ダイアナの身を案じるあまり戦士になることを許さなかったが、アンティオペの説得を受け入れ、訓練を許可する。


イザベル・マル博士 / ドクター・ポイズン

f:id:nyankonohousoku:20171122232759j:plain

毒物の専門家でありマッドサイエンティスト。顔の左側に肌色のマスクを付けている。

ストーリー紹介

  • 女性だけが住む島、セミッシラで育ったアマゾン族の王女ダイアナは、幼い頃から戦士になることを夢見ていた。母親であるヒッポリタ女王はダイアナの身を案じ、戦い方を学ぶことを禁止していたが、ヒッポリタの妹で史上最強の将軍と呼ばれたアンティオペの説得もあり、誰よりも過酷な修行を繰り返し、アンティオペに勝るとも劣らない強さを得る。
  • ある日、成長したダイアナは偶然「外の世界」から舞い込み、海岸で墜落事故を起こしたスティーブ・トレバーを救出する。真実の投げ縄を使って彼からドクター・ポイズンがマスタードガスの新兵器を開発していることを聞き出し、ダイアナは「外の世界」の悲惨さにショックを受ける。戦いを引き起こす首謀者・ルーデンドルフ総監こそが戦いの神アレスと確信したダイアナは、トレバーとともに「外の世界」へ旅立ち、戦争の早期終結のためロンドンへ向かう。
  • ダイアナは「外の世界」の異文化に戸惑いながらも、スティーブが集めた仲間の力を借りつつ、戦場の最前線や要人の祝賀会へ赴いてルーデンドルフを探し、ついに倒すことに成功する。しかしその後も戦争は終結せず、それが世界に平和をもたらす唯一の方法だと信じていたダイアナは、現実に打ちのめされてしまう。その時パトリック卿に成り代わっていたアレスがダイアナの前に姿を現し、「戦争こそ人間の本性だ」とその愚かさを説き、協力して人間を一掃し世界を再創造するよう迫る。人間の「悪」に失望していたダイアナはその言葉に籠絡されかけるが、トレバーとの会話を思い出し、人間の「善」の部分を思い直す。人間の愚かさを受け入れ、与えられた力を守るために使う決心をしたダイアナは、真の力を解放してアレスとの戦いに決着をつける。やがてロンドンで休戦協定が締結され、戦争は終わりを迎えた。
  • それから時は流れ、現代のダイアナは、ブルース・ウェインから送られた当時の写真を眺めながらトレバーとの約束を再確認する。 

出展:ワンダーウーマン (映画) - Wikipedia

感想

「ワンダーウーマン」は「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(以下BvS)の約100年前、第一次世界大戦の活躍を描いた物語です。

「BvS」でバットマンがルーサーJrから盗んだデータの中にワンダーウーマンの写真データがありました↓

f:id:nyankonohousoku:20171122234511j:plain

その原画をブルース・ウェインが見つけ、ダイアナにプレゼントするところから物語は始まります。

ストーリーに関してはまずまずといった感想です。

簡単に言うと、鎖国国家で育った世間知らずのお姫様が世界を救うお話です。

なので無駄に世間知らずアピール描写が多いかなと。

キャラ印象をそうゆう方向へもっていきたいのは分かるんですが、冒頭でダイアナがトレバーに対し「あなたは男?」と質問するレベルなので、世間知らず描写をちょくちょく挟まなくても十分察せます。

そして何となく分かってはいましたが、ラスボスはパトリック卿でしたね。

ルーデンドルフじゃ太刀打ち出来ないのは、容易に想像つきます。

マル博士から渡された薬を飲んでドーピングしてましたが、ワンダーウーマンの前じゃ焼け石に水でした。

上映時間は2時間オーバーという長めの作品ですが、正直この内容だと長すぎると感じました。

全体的に構成や内容が雑だったのかな?と思う所がチラホラ。

1.トレバーの死でワンダーウーマンの見方や考え方が変わり過ぎ。

2.1世紀の間、何をしていたのか?

3.ルーデンドルフが飲んでいた薬の説明がない。

疑問点

  1. トレバーと親密な関係になったとはいえ根本的な考え方は変わってはいなく、そしてその考えのもと一度は人類に失望したのに、トレバーの死で今までの人生観や考え方が変わるのであれば、もっとトレバーとの描写が多くても良かったと思います。さらにトレバーの死がキッカケで覚醒しパワーアップも果たしてます。愛を知らず育ってきたダイアナがトレバーの死によってここまで状況が変わるのであれば、映画「マトリックス」のネオとトリニティーぐらいのラブシーンがあってもいいはず(笑)設定や描写的に考えても”アンティオペの死<トレバーの死”は説得力がないですね。
  2. アレスを倒した後、BvSまでの1世紀は何をしていたのか?これだという活動をしていた描写がほとんどない。第一次世界大戦も結局どうなったのか。ここまでわかりやすいスルーとなると続編で明らかになるのか?と推測。
  3. ルーデンドルフの薬、これに関しても詳しい説明がなかったです。一般兵にも飲ませたらもっと戦況は変わっていたはず。これ、けっこう取り返しのつかないレベルの凡ミスだと思います。ドイツ軍はイギリス軍の拠点をいくつか殲滅出来たのではないだろうか?

と、いくつか疑問が残る内容でした。

ただ、戦闘シーンは迫力があって良かったと思います。

ダイアナ/ワンダーウーマン役のガル・ガドットは元々イスラエル国防軍で戦闘トレーナーの職務に就いていた過去があるみたいなので、それが役に立っているのかなと思いました。

ってか現実でもワンダーウーマンですね(笑)

CGの粗さが目立ちはしましたが、全体的には良かったと思います。

総評

  • ストーリー性 ★★☆☆☆
  • キャラクター ★★★★☆
  • インパクト  ★★★★☆
  • 面白さ    ★★★☆☆
  • 感動     ★★★☆☆ 

まずまずといった感じです。

特に印象に残る部分はなかったかなと。

ただ女性ヒーロー作品としては、かなり良い作品だと思います。

アクションもそれなりに凄いので。 

DC版「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」だと言えば分かり易いと思います。

おススメはします!重要という程でもないですが今後に繋がる内容だとは思うので是非観てみて下さい(^^)/ 

考察 

ダイアナは神ゼウスとアマゾン女王の間から生まれたという事。なのでアレスは兄弟になる。

DC版マイティ・ソーですね。

ワンダーウーマンの人間離れした超人的な身体能力はこのためでした。

戦闘スタイルは地上戦によるウォーリアースタイルです。 

基本装備は剣、盾、鞭。

幼少の頃からアンティオペの元で修行していた為、その他にナイフや弓などの原始的な武器はほとんど使用できると思われます。

武芸百般のアバン先生並です。

飛行能力はないが、超人的ジャンプ力で補えるといったところでしょうか。

バットマンが

  • 身体能力   ★☆☆☆☆☆
  • 武術     ★★★★☆☆
  • 知識     ★★★★★☆
  • 戦略     ★★★★☆☆

だとすると

ワンダーウーマンは

  • 身体能力   ★★★★★☆
  • 武術     ★★★★☆☆
  • 知識     ★★★☆☆☆
  • 戦略     ★☆☆☆☆☆ 

こんな感じかと。

ちなみスーパーマンは

  • 身体能力   ★★★★★★
  • 武術     ★★☆☆☆☆
  • 知識     ★★★☆☆☆
  • 戦略     ★★☆☆☆☆

こんな感じだと私は思います。

 

という訳で本日公開「ジャスティス・リーグ」も合わせて是非ご覧あれ!

最後までお付き合い頂きありがとうございました<(_ _)>

それでは(^^)/