にゃんこの法則

主に映画、ゲーム、雑談をテーマに書いてます

【強さ考察&レビュー】「ジャスティス・リーグ」最高の映画を見逃すな!

 現在公開されている映画「ジャスティス・リーグ」のレビューや考察。

※ネタバレあり

目次

過去に「ジャスティス・リーグ」に関する記事を上げているので、そちらも是非。

過去記事紹介

あらすじ

『バットマン vs スーパーマン』での戦いで、自らの命を犠牲にして世界を救ったスーパーマンの行動を目にし、バットマンことブルース・ウェインは「信頼」の重要性を実感した。彼は戦いで出会ったアマゾン族の王女ダイアナ・プリンスと共に特殊能力を持った他の超人たちを集め、アトランティス、セミッシラ、S.T.A.R.ラボに存在する「マザーボックス」を手に入れようとするステッペンウルフとその手下パラデーモンによる脅威を向かえ撃つ。

出展:ジャスティス・リーグ (映画) - Wikipedia

f:id:nyankonohousoku:20171125160101j:plain

感想

仕事帰りに観に行ったので疲れていたのですが、その疲れが吹っ飛ぶほど最高の作品でした。

私の「ワンダーウーマン」に対する評価は高くなかったので、「ジャスティス・リーグ」に関しても、正直あんまり面白くないんじゃないかと不安でした。

ザックスナイダー監督は製作途中で降板。

後任はマーベル映画「アベンジャーズ」シリーズを手掛けたジョス・ウェドン監督。

過去作でスーパーマンは亡くなっているため、どのようなアプローチでスーパーマン

を登場させるのか気になっていました。

冒頭から終盤まで常にギアMaxで加速し続けてる作品だったと思います。

「ジャスティス・リーグ」の進行、スーパーマンの復活、ワンダーウーマンの伏線を回収、次作へ繋がる展開。

意味のないシーンも無駄なシーンもない。

私がレビューしてきた中で最高の映画だと思います。

そしてスーパーマンってこんなに強いんだと改めて思い知らされました。

またワンダーウーマンの記事でスーパーマンを初めとするキャラ達の強さ考察しましたが、結果すごく的外れとなってしまったので、今回の記事でも最後に強さ考察をします!

異世界のヴィラン、ステッペンウルフは序盤から最後までボスとして遺憾なくを強さを発揮していました。スーパーマン亡き後、ヴィラン達が動き始めたのかが分かるくらい

スーパーマンは圧倒的でした。

しかしそんなスーパーマンでも1人じゃ地球を救えない、他ヒーローと協力しないと救えないという内容だった為、スーパーマンの存在感を表現しつつも物語の説得力は保っていて終始興奮が止まらなかったです。

前作でスーパーマンの行動から信頼の重要性を実感したバットマンが、復活して荒れ狂うスーパーマンに対し、心でぶつかり救うというバットマンの心境もうまく描かれていました。

終盤の戦いでは合体したマザーボックスを3つに切り離すためにサイボーグが活躍しました。

アクアマンは雑魚処理やワンダーウーマン共にステッペンウルフと戦い、フラッシュは人助け、バットマンは雑魚処理や指示系統、スーパーマンは状況を観て各キャラ達のサポートに回り、ワンダーウーマンはマザーボックスを切り離す時間を稼ぐためにステッペンウルフと終始戦う。

これだけの事を並行して描写するのは大変だったと思います。

そして時間を意識した緊迫感のある表現力は観る人を圧倒させるものがありました。

バットマンのメカも色々と登場したり、最高の映画だったと私は思います。

総評

  • ストーリー性 ★★★★★
  • キャラクター ★★★★★
  • インパクト  ★★★★★
  • 面白さ    ★★★★★
  • 感動     ★★★★★ 

文句の付け所がなく、満点の評価です。

ストーリーを成立させるために、スーパーマンの立ち位置を表現するのが難しかったんじゃないかと。

そしてスーパーマン役のヘンリー・カヴィルの筋肉美が‥すごいです( ゚Д゚)

f:id:nyankonohousoku:20171125161419j:plain

並大抵のトレーニングじゃここまでの筋肉は付かないですよね。

上の画像見るだけでも胸筋、三角筋、上腕二頭筋の盛り具合がすごい。

役作りにかける思い、大変さが分かりますね。

このような思いが作品をより良くしたのだろうと。

ヒーローが大集結する「ジャスティス・リーグ」!子供も絶対感動すると思います。

劇場公開中なので是非観てみてください!

おススメです!!

強さ考察 

過去記事での考察が酷かったので再度考察してみようかと思います。

原作は考慮しません。

ドラクエ風に考察!

ちから、みのまもり、すばやさは描写から。

攻撃力や守備力は装備等を含めた総合力から判断してます。 

 

スーパーマン

  • ちから   ★★★★★★★★★★
  • みのまもり ★★★★★★★★★★
  • すばやさ  ★★★★★★★★★★
  • 攻撃力   ★★★★★★★★★★
  • 守備力   ★★★★★★★★★★

ワンダーウーマンとの力比べで圧倒、他ヒーローの攻撃が全く通用しない身の守り、フラッシュに対応できるすばやさ。

スキャン能力

華氏1万度、摂氏5500度まで達するヒート・ビジョン

そして今作で初のお披露目、ステッペンウルフの斧を凍らすほどのスーパーブレス

他ヒーローの追従を許さない圧倒的な力の差を見せつけたのでこの評価としました。

なのでスーパーマンを基準とした上で他ヒーローの考察も進めていきたいと思います。

 

ワンダーウーマン

  • ちから   ★★★★★☆☆☆☆☆
  • みのまもり ★★★★★☆☆☆☆☆
  • すばやさ  ★★★★☆☆☆☆☆☆
  • 攻撃力   ★★★★★★☆☆☆☆
  • 守備力   ★★★★★★★☆☆☆

銃弾を見切る動体視力や防ぐ身体能力、スーパーマンを抜きにすると他のヒーローの中でちからとみのまもりはトップクラスを誇ります。

星の数が少ないですが、それはスーパーマンを基準としているからです。

攻撃力や守備力に関しては、飛行能力がない為、地形や建設物を利用しない限り空中戦に対応できない事、また剣、盾、縄を装備していて弓やナイフなどのアナログな武器なら使いこなせるので、この判断としました。

スーパーマンとの力比べや頭突き合いで負けていたのでちから、みのまもりは★5つです。

すばやさは身のこなしや銃弾に対応できることから★4つとしました。

 

バットマン(バットマン時)

  • ちから   ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
  • みのまもり ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
  • すばやさ  ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • 攻撃力   ★★★★☆☆☆☆☆☆
  • 守備力   ★★★★☆☆☆☆☆☆

ヒーローの中では比較的普通の部類に入ります。

金持ちが特技のバットマンはその圧倒的資産力から色んなメカを作り、自強化を図る事が出来ます。

「バットマンvsスーパーマン」では対スーパーマン用のアーマと戦略でスーパーマンを追い詰めたり、現場での戦闘経験は他のヒーローより多いのでこの評価としました。 

しかし対策をしていない場合、フラッシュにも勝てるか怪しいレベル。

だがそうならない状況を作り出すのがバットマンです。

銃弾をよける事は出来ますが、見てから反応するというよりか、経験からの弾道予測で回避してると思われます。

なのですばやさは★1としました。

 

アクアマン

  • ちから   ★★★★☆☆☆☆☆☆
  • みのまもり ★★★★☆☆☆☆☆☆
  • すばやさ  ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
  • 攻撃力   ★★★★★☆☆☆☆☆
  • 守備力   ★★★★★☆☆☆☆☆

今作ではそれなりの活躍を見せたアクアマン。

しかしアクアマンのホームは海ですので今回はこのような評価です。

おそらく海だとワンダーウーマンぐらいだと思います。

ちから、みのまもりはワンダーウーマンより少し劣るように見えました。

すばやさに関しては海では発揮してましたが陸だとバットマンより少し上くらいかなと思ったので★2です。

今回は舞台が陸なので未知数というのが本音です。

攻撃力はフォーク装備時、守備力は鎧とタフさからこの評価としました。

 

サイボーグ

  • ちから   ★★★★☆☆☆☆☆☆
  • みのまもり ★★★★☆☆☆☆☆☆
  • すばやさ  ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
  • 攻撃力   ★★★★★★☆☆☆☆
  • 守備力   ★★★★☆☆☆☆☆☆

最新の科学力とマザーボックスのエネルギーが源の体はバットマンのそれを軽く凌駕します。 

ちから、みのまもり、すばやさはサイボーグという事もあってアクアマンと一緒の★4。

攻撃力は体を変形させ武器を創造できる事、飛行能力の利便性やネットワーク接続での情報収集ができるためこの評価。

防御力はスーパーマンのヒートビジョンに多少耐えることができる、ステッペンウルフに破壊されるほどの耐久力のため(ただ不意打ちによるもの)、この評価です。

体のほとんどが機械の為、やれることが多く汎用性が高い。

マザーボックスを切り離す繊細な作業はサイボーグしか出来ない芸当のため、ステータスにきようさがあるなら★10の満点評価をしていたと思います。

チームには欠かせない存在です。

 

フラッシュ

  • ちから   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • みのまもり ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  • すばやさ  ★★★★★★★★★★
  • 攻撃力   ★★★★★☆☆☆☆☆
  • 守備力   ★★★★★☆☆☆☆☆

超高速で動くことが出来る。

素早さ以外は普通の人となんら変わらない。格闘技を習得している訳でもないので不意打ちなら一般人でも倒せる可能性が全然ある。

鍛えている訳でもないため、ちから、みのまもりに関しては ★0評価とさせて頂きました。

すばやさに関しては満点評価としました。スーパーマン以外のヒーローは反応すらできないためです。

攻撃力、防御力に関しては圧倒的なスピードを攻撃にも防御にも転換出来るため、間を取り★5とさせて頂きました。

弱点は性格ぐらいでしょうか(笑)

虫や強い奴が苦手でヘタレ精神を取得してます。

銃弾も当たれば普通に喰らいます。

ただ、力×スピード=攻撃力とするならば、ちからが10だったとしてもスピードが10万あるから攻撃力は100万あるよ的な(笑)

仮にバットマンでいうなら、ちからが200あってもスピードが100なので20万しかないという感じです。

防御力に関しても当たらなければ意味がないという意味もあり★5としました。

ただスーパーマンだけはこの領域で動くこと(特に飛行)が可能です。

なのでスーパーマンで言うなら、ちからも10万でスピードも10万だから攻撃力は100億(最大値)です。

このことからスーパーマンは超スピード飛行から繰り出すパンチが1番強いのかなと思います。

今作はそれほどスーパーマンが凄くて、終盤のステッペンウルフは可哀そうでした(笑)

マーベルでいうハルクと一緒で、たった1人でチームを壊滅に追い込むことが出来る力の持ち主という事です。

おまけ

f:id:nyankonohousoku:20171125205655j:plain

2017年10月31日(火)より、特定保健用食品「ペプシスペシャル」を対象に、「Pepsi×映画『ジャスティス・リーグ』限定ヘッドホン 当たる!! キャンペーン」を実施致します。

ペプシスペシャル2本分のバーコードを1口として応募すると、ジャスティス・リーグに登場する6人のヒーローをイメージしたオリジナルのヘッドホン全6種を、抽選で各400名様、合計2,400名様にプレゼント!
【応募期間】
2017年10月31日(火)~2018年1月31日(水)
【応募締切】
2018年1月31日(水)※当日消印有効
【応募方法】
ペプシスペシャル(490mlペット/1.47Lペット) 2本分のバーコードを1口として専用応募ハガキまたは一般の郵便ハガキに貼付し、必要事項を記入し、所定の郵便料金の切手を貼って応募。

私はバットマン(ブラック)が1番好みです。