にゃんこの法則

主に映画、ゲーム、雑談をテーマに書いてます

【レザークラフト】スマホカバーを作ってみた!【前編】

f:id:nyankonohousoku:20180104152050j:plain

レザークラフトでスマホカバーを作ってみた

今回は私の趣味です(笑)

レザークラフトに興味が湧いて2年以上経ちますが、実際に製作したのはほんの数点。

製作に必要な道具を一通り揃えた数ヵ月後には息子が生まれたので、中々出来ずにいました。

そして今回、年始年末の連休と先月にスマホを機種変したという、タイミング、環境、共々良い状況ということで製作を決心!

ちなみスマホカバー製作はレザークラフトの中では比較的簡単な部類だと思います。

なので今回の記事をキッカケに興味を持った方は是非試してみて下さい♪

ちなみにレザークラフトは一般的家庭にあるようなよくある工具の使用頻度は低く、ほとんどがレザークラフト専用工具を使用します。(代用は別)

今回は使用する工具の種類が多い為、専用工具に関しては工程で登場する際、その都度紹介していきます。

製作開始!

f:id:nyankonohousoku:20180104160930j:plain

まずは工作用紙で型紙をつくります。スマホケース(透明)は購入しました。

スマホケースの元に型紙の寸法を決めていきます。

定規、カッター、キリは型紙作りに使用しました。ちなみにキリはけがき線を書くのに使用しただけなので”鉛筆”や”ボールペン”での代用でも全然大丈夫です。

型紙がそのままスマホカバーのサイズになるので、寸法を正確に作ることが求められます。

なので実際に型紙とスマホを(現合)合わせて型紙の寸法を調節していきますが、今回使用する革は厚みが2㎜あるので、そのことを踏まえ、織り曲がる(上記画像の型紙の織り曲がってる)部分の寸法は気持ち長めで取って下さい。

※型紙現合で寸法を合わせ過ぎると革の厚みによっては、現物で寸法足らずになるので注意!

特に難しい工程は無く、ここまでは普通の裁縫と一緒だと思います。

(上記画像は型紙製作後に撮影した画像なので、型紙が完成しています。)

f:id:nyankonohousoku:20180104165724j:plain

出来上がった型紙を革の銀面(綺麗な面)に置き、キリ(鉄筆)でケガキ線を付けていきます。

ここでは鉛筆やボールペンでの代用は不可です。もしキリ(鉄筆)以外で代用するならレザークラフト専用の銀ペンを使用してください。

ちなみに初心者の方は銀ペンで書く事をおススメします。銀面クリーナーというものがあるので失敗しても大丈夫です。

今回はキリを使用した為、一発勝負!

なので慎重にケガいていきます。

f:id:nyankonohousoku:20180104171749j:plain

見にくいですがキリでケガくとこんな感じ。

ちなみに使用した革は丸めてゴムで止めて長らく保管していた物なので開いてもすぐ反ってしまいます(笑)

f:id:nyankonohousoku:20180104174712j:plain

ケガキ通りに革をカット!ここではオルファ製”別たち”を使用。

直線カットが抜群にやり易いです。ちなみに押切りも出来るので愛用してます。オルファということもあり、そこら辺のホームセンターでも普通に売ってます。

定規をケガキ線に合わせ、別たちを定規に沿わせながらカットしていきます。 

通常カットだと難しくて中々切れない(赤矢印)部分は押切りでカットします。

f:id:nyankonohousoku:20180104174423j:plain

次は床面(銀面の逆面)の処理をしていきます。

使用したのはトコノールとガラス板。

トコノールはボンドを水で薄めたようなものです。なので代用する場合はボンドを水で薄めたもので(笑)

ただ、使用頻度が凄く高いのでトコノール等を購入することをおススメします。

トコノールを床面に塗り、ガラス板で擦る事により毛羽立ちを抑え、見た目を綺麗に仕上げ革の寿命を延ばします。

ガラス板の代用はガラス瓶の底やガラス製コップの底で擦る。

ここで注意すべきポイントは銀面にトコノールを付けない事と接着(後、スマホケースを接着する)部分の処理はしないこと。理由は毛羽立っているほうが接着剤の食いつきが良い為。

処理してしまった場合は紙ヤスリ(粗目)などでヤスリ、再度毛羽立たせる。

f:id:nyankonohousoku:20180104180553j:plain

次は角の処理。丸みを帯びさせ見た目をカッコよくします。

硬貨などで合わせ、気に入ったサイズ(R)感を決めてください。

そして硬貨に沿わせて別たちでの押切り。大雑把にカットで大丈夫です。

カクカクした角を紙ヤスリで整えていきます。

私が使用したヤスリは後編で紹介致します。

f:id:nyankonohousoku:20180104181643j:plain

ヤスリで整えるとこんな風に仕上がります。

次はC面取り作業です。

f:id:nyankonohousoku:20180104183700j:plain

ここで使用する工具はヘリ落としとゴム板です。

ヘリ落としはカット断面の角(いわゆるC面)を落とす工具。

ゴム板はヘリ落としがしやすいように高さ調節で敷いているだけです。

ただトコノール同様、ゴム板も使用頻度が高いので購入することをおススメします!

ここは説明するより見てもらった方が早い(笑)

百聞は一見にしかず!動画で紹介します。

※私ではないです(笑)

www.youtube.com

上記画像のような感じで銀面側、床面側共にヘリ落としをしていきます。

という訳で今回、【レザークラフト】スマホカバーを作ってみた!【前編】はここまで!

次回は、【レザークラフト】スマホカバーを作ってみた!【後編】です!

お楽しみに!