にゃんこの法則

主に映画、ゲーム、雑談をテーマに書いてます

完全なパワー押し!映画「エンド・オブ・キングダム」を観てレビュー!

f:id:nyankonohousoku:20180112184521p:plain

「エンド・オブ・キングダム」を観てレビュー

「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編で、前作のレビューはこちら↓

映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」を観てレビュー。現実も大統領の警護が凄い! - にゃんこの法則

という訳で前作に引き続き今作もアメリカ大統領が危機に陥るわけですが、今作は規模が違います!

各国のリーダーがターゲットでもあった今作。色んな意味で何じゃこりゃと思ったので早速、レビューしていこうと思います。

※ネタバレ注意 

あらすじ

アメリカ合衆国は、世界各国でテロを扇動している武器商人のアミール・バルカウィに対するドローン攻撃を行った。

2年後、ベンジャミン・アッシャー大統領のシークレットサービスであるマイク・バニングは、妻レアの出産を前に、危険な今の仕事を辞めようと考えていた。そのおり、イギリス首相のジェームズ・ウィルソンが急逝したとの一報が、ホワイトハウスに入る。大統領は他の主要国首脳も参列する葬儀に出席するため、アメリカ合衆国シークレットサービスのマイク・バニング、シークレットサービス長官のリン・ジェイコブズと共にロンドンへ渡る。

厳重な警戒体勢が敷かれているロンドン。葬儀会場のセント・ポール大聖堂に向かっていたカナダ首相とその妻を乗せた車が、突如、爆発した。それと同時に、他の首脳たちも、警官や近衛に紛れていたバルカウィの手下らによって一斉に攻撃を受ける。一方で、バニングとジェイコブズは大統領を守って、セント・ポール大聖堂から車で逃走する。追跡してくる敵と銃撃戦を繰り広げた末、大統領専用ヘリコプターに乗り込み、空港へと向かう。

テロリストの攻撃によりロンドン中心部は停電となり、通信機能もダウンした。大統領を乗せ、ロンドン上空を飛行していたヘリコプターが、ビルの屋上にいたテロリストから、スティンガーミサイルによる攻撃を受ける。ヘリコプターは墜落し、ジェイコブズは致命傷を受けて死亡した。バニングと大統領は追っ手の追跡を受けながら、ロンドン地下鉄チャリングクロス駅へと逃げ込む。

ホワイトハウスにバルカウィからの脅迫メッセージが届く。また、死亡した英国首相の検死の結果、体内から毒物が検出され、その死は、ロンドンに世界の指導者たちを集めるための罠であったことが判明する。バニングと大統領は、MI6のエージェントであるジャクリーン・マーシャルの隠れ家に到着した。彼らは、隠れ家に救出チームが向かっているという、トランブル副大統領からのメッセージを受信する。

セキュリティカメラが武装した人影を映した。しかし、バニングは、彼らが大統領を救出しにきたデルタフォースではなく、テロリストであることに気づく。ジャクリーンはテロリストに通じている内部協力者を突き止めるために、スコットランドヤードへ向かった。バニングと大統領は、車に乗って米国大使館に向かうが、テロリストによって運転されていたゴミ収集車に衝突され、大統領はテロリストに拉致されてしまう。

出展:エンド・オブ・キングダム - Wikipedia

レビュー

前作以上にセキュリティーの甘さが際立つ映画となってました(笑)

前述した通り、今作はイギリス首相が急逝したことがキッカケで各国首相が葬儀のためロンドンに訪れるところから始まります。

私の前作に対するレビュー記事を見て頂ければわかりますが、前作はマイクの凄さと大統領に対するセキュリティーの高さを前面に押し出した映画でした。

今作もそのような雰囲気を匂わせつつ徐々に展開が進んで行きましたが、それは私の勝手な勘違い。”日本”首相に対する警備が手薄過ぎて笑ってしまいました(笑)

アメリカもある意味手薄の警備体制の中、葬儀に向かいましたが、それは大統領の人徳と信頼のおける主人公マイクが警護に付いていたからこそ。

日本の首相には運転手一人だけでした(笑)

各国首相は一般人に扮したテロリストに次々と始末されてしまいます。

ただテロリストの人数が多過ぎて、またそれも笑ってしまうほど。

武器商人の復讐、イギリスの各国に対する配慮の無さやセキュリティーレベルの低さが今作の大事件に発展したという表現をしたかったにせよ、今回はあまりに杜撰(ずさん)なアプローチにはガッカリ。

完全にB級映画認定せざるを得ない。

前作はマイクに焦点当てると”有り得ないよねこんな強いSP”ってなるんですが、ストーリーに焦点当てると、もしかしたら現実でもこうゆう展開あり得るかもって思わせる見せ方でした。

それに比べ今作は何もかもあり得ない展開だが、前作よりはマイクの無双ソロプレイ場面が多少抑えられていて、大統領や他国チームと協力して敵を撃退するという、協力プレイ場面が増えました。

道中危ない場面があるも沈黙シリーズのセガールを彷彿とさせる無敵っぷりは健在。オーバーキルナイフプレイも遺憾なく発揮。

f:id:nyankonohousoku:20180112193400j:plain

しかし冒頭から各国のリーダーが始末されるという展開なので、ここまで飛躍した展開の今作を超える次作はもう作れないんじゃないかなと思います。

ただ私は完全に範馬勇次郎化したマイク・バニングの続編を観たかったりします。

「沈黙シリーズ」ならぬ「エンド・オブ・シリーズ」ですね。

こんなに批判する内容を書いておきながら、雑なB級映画も好きだったりします(笑)

「エンド・オブ・キングダム」!

私的には嫌いじゃないがおススメはしない!

ただ脳筋プレイが好きな方にはおススメの1作だ!

予告編

www.youtube.com