にゃんこの法則

主に映画、ゲーム、雑談をテーマに書いてます

映画「KINGSMAN」絶対に観て欲しい。感想レビュー

f:id:nyankonohousoku:20180121112812p:plain

どうもにゃんこ二等兵です。

現在、映画「KINGSMAN ゴールデン・サークル」が公開中ですが、その第1弾「KINGSMAN」を今回は皆さんにお届けします。

エンターテインメント性溢れる派手なアクション。

しっかりとした物語性。

紳士とは何たるものかを教えてくれる。

そして人を引き付ける何かがこの映画にはあります。

※ネタバレがあります

あらすじ

ロンドンのサヴィル・ロウにある「キングスマン」は表向きは高級テーラーだが、実は、どこの国にも所属せずに、難事件・テロリズムを解決するスパイ組織「キングスマン」の拠点であった。

海兵隊を辞めて無為に日々を過ごす若者エグジーことゲイリー・アンウィンは、チンピラ相手のつまらないいさかいで逮捕され、組織の正体を知らぬまま「キングスマン」に保釈の面倒をみてもらった。エグジーの父(リー・アンウィン)は「キングスマン」の候補生だったが、17年前に殉職したのだ。「キングスマン」のメンバーで、かつてリーに命を救われたハリー・ハートは、エグジーの頭脳と身体能力に目を止めて、エグジーを候補生としてスカウトした・・・

出展:キングスマン - Wikipedia

キャラクター紹介

 

ゲイリー・“エグジー”・アンウィン

f:id:nyankonohousoku:20180121115459j:plain

父を亡くして以来、人生をあきらめ自堕落な生活を送っていた青年。ハリーによってキングスマンにスカウトされ、亡き父もまたキングスマン候補生であったことを知る。

ハリー・ハート

f:id:nyankonohousoku:20180121115525j:plain

キングスマンのベテランスパイ。コードネームは「ガラハッド」。キングスマンになるのに出自は関係ないとして、17年前にエグジーの父リーをキングスマンに勧誘した。任務中、リーによって命を救われた。

リッチモンド・ヴァレンタイン

f:id:nyankonohousoku:20180121115543j:plain

世界規模のテロ計画を進めるIT富豪。血を見ると嘔吐してしまう。環境問題に関心を寄せており、地球を救うためには人口を減らす必要があると考えている。

マーリン

f:id:nyankonohousoku:20180121115602j:plain

キングスマンに忠誠を誓う。エージェントのサポートから新人候補生の指導まで、様々な仕事を請負う。

アーサー

f:id:nyankonohousoku:20180121115626j:plain

キングスマンのリーダー。「上流階級出身者の方がキングスマンとしての適性を持っている」と考えている。

ロキシー・モートン

f:id:nyankonohousoku:20180121115707j:plain

キングスマン候補生。高所恐怖症。上流階級出身だが、他の候補生と違いエグジーにも分け隔てなく接する。

ガゼル

f:id:nyankonohousoku:20180121115728j:plain

ヴァレンタインの部下で、両足が義足の殺し屋。キングスマンのエージェントの1人、”ランスロット”を殺害する。

出展:映画『キングスマン』オフィシャルサイト

レビュー

冒頭は訳も分からないまま物語が進んでいく印象を受けた。

前述した通り、エグジーの父リーや若き日のハリー達があるミッションを進行する場面から物語が始まる。

ハリー達が捕らえた敵を拷問し、ある情報を聞き出そうとしているが敵は手りゅう弾を隠し持っていて自爆を図ったが、リーが身を挺し爆発の威力を弱めた事でハリーを含む他メンバー達の命は助かった。

場面が変わり、ハリーがリーの家族にお悔やみを伝えに行く。

ハリーはキングスマンのペンダントをリーの息子”エグジー”に渡し、その場を去る。

f:id:nyankonohousoku:20180121143315j:plain

とこんな感じ。

私は人の顔や名前を覚えることが苦手で、いわゆる”関係図”が分からず、この時点ではハリー達が正義か悪かは理解できず、少々気分が落ち始めていた。

しかし、それ以降の展開が私のキングスマンに対する印象が急変し、時間を忘れ画面を釘付けにさせた。

この「キングスマン」という作品は”紳士”を全面的に推し、表現している。

スパイ映画の中でも「ミッションインポッシブルシリーズ」のイーサン、「ボーンシリーズ」ジェイソンのようなタイプとは違い「007シリーズ」のジェームズボンドに近い印象を持つ。

ハリーが紳士とは何たるものかをエグジーに叩き込む。

中でもハリーの放ったセリフ。「マナーが紳士を作る」は良い言葉だと思います。

紳士とは何たるか?この映画で伝えたい事全てが集約されているとは言っても過言ではない。

まだまだ他にも名言が炸裂します。人として何たるかも教えてくれる、それだけでもこの映画見る価値ありです。

そのハリーの魅力に、いつしかエグジーは憧れを抱き、後姿を追い、そしてキングスマンになるための試験で培ったチームワーク、考え方、貧乏人で教養のない青年が魅力ある大人へと成長していく描写。

そして圧倒的にアクション。

殺し、殺し、殺しとテンポの良い爽快感。(何かヤバイやつみたいな表現だけど)

ハリーのアクション。エグジーのアクション。ガゼルのアクション。どれを見ても一級品。

バイオレンス耐性が無い人にはキツイ描写も多々あります。が、少しでもそういった方達に楽しんでもらうようなエンターテイメント性がある工夫もあります。

キングスマンという絶対的組織が崩壊しかける展開等、ストーリーも申し分なし。

「007シリーズ」に負けず劣らずのスパイ道具も登場!

現在、続編の「キングスマン ゴールデン・サークル」が公開されていますが、その前に絶対「キングスマン」から観るのとお酒が飲める環境なら、ウイスキーを片手に観るのがおススメです!(笑)

評価は100点満点中95点!

予告編

www.youtube.com

続編「キングスマン ゴールデン・サークル」公開中!