にゃんこの法則

主に映画、ゲーム、雑談をテーマに書いてます

【絶品おつまみ】安くて旨い!イナダを使ったユッケ!【レシピ】

f:id:nyankonohousoku:20180217224128j:plain

どうもにゃんこ二等兵です。

イナダを使ったユッケを作ってみました(*‘ω‘ *)

メインとなるユッケのタレの作り方は至ってシンプル!

なのでレシピは最後の方に載せておきます。もし良ければ作ってみて下さい!

今回はイナダを使用しましたが、違う魚でも勿論合います!

定番で言ったらマグロでしょうか?

仕事終わりの旦那さんにさらっと出してあげたら絶対喜ぶ一品!

今回は魚を捌くところから載せていきますが、必要ない方は下記のユッケタレレシピをクリックしてスキップしてください<(_ _)>

調理開始! 

f:id:nyankonohousoku:20180217205544j:plain

イナダを買ってきました!

理由は安かったからです!700円しない程度でこのボリュームはお買い得です(^^♪

今回は魚を捌くところから始めますが、捌くのが苦手な方はスーパー等で購入した際は鮮魚コーナーに頼めば下ろしてくれると思います。

それか既に切り身状態のものを購入してもらえればと思います!

f:id:nyankonohousoku:20180217225000j:plain

↑は頭を落とし、腹に切り込みを入れ、内臓や血合いも取り洗ったところまでとなります。

包丁の切れ味がKA・I・ME・TU・TE・KI☆

プラスチックのおもちゃ包丁で切っているのかと勘違いしてしまうほど(;´・ω・)

この段階で1回簡易的なシャープナーで研ぎ直すのですが、その後の工程でも特に変わるほどの効果はありませんでした。

後日談!包丁の試し切り動画等で良く切れる包丁は紙を難なく切っていたりしますが、今回うちで普段から使用している包丁は紙を切ろうとしたところ全く刃が入らず全然切れませんでした(;´・ω・)

f:id:nyankonohousoku:20180217231414j:plain

切れたのこれだけです(笑)

さすがにこれはヤバいと思ったので、今度砥石を買って本気(と書いてマジ)で研ぎたいと思います(笑)

という訳で本題へ戻ります!

f:id:nyankonohousoku:20180217231725j:plain

ギリギリ3枚に下ろせました( ;∀;)(骨の部分は捨てました)

前回の工程から背と腹から尾ビレまで切り込みを入れ、背と腹から中骨まで反って切ります。

そこまで行くと尾ビレの方が貫通しているはずなので、尻尾から包丁をいれて中骨に沿って頭の方(切り落としていますが)へ一気にスライドさせると下ろせます。

そしてその工程を上下こなせば3枚下ろしの完成です。

上記画像は腹骨も漉き終わってます。

f:id:nyankonohousoku:20180217234634j:plain

上記画像は無事3枚おろしが終わり、中骨に沿って4さくに切り分けた後、皮引きを行い内2さくをお刺身用、内2さくをユッケ用に切り分けている最中です。

皮引きが難しかったですね。包丁切れないから・・・。

若干、皮も残っちゃってるし。

という訳でここからがメインのユッケタレの作り方となります!

ユッケタレレシピ

f:id:nyankonohousoku:20180217235409j:plain

準備するもの↓

  • 醤油 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • ごま油 小さじ1/2
  • ニンニクチューブ 小さじ1/2
  • コチュジャン 小さじ1/2

作り方は上記の調味料を混ぜるだけ!

画像は混ぜ終わった後!

そしてそれをイナダと和え、刻みネギ、卵黄を加えたら・・・

f:id:nyankonohousoku:20180217235831j:plain

完成!

イナダのユッケとお刺身です!

これだけの量を1000円以下で食べられるのはお財布には優しいです!!

作ろうと思ったキッカケは、某回転寿司チェーンの海鮮ユッケを食べた事。

特に嫁のはみ子がユッケシリーズを好んで食べるので、家でも食べられればと思い今回作ってみました!

実際作ってみたら超簡単でしかも旨かったので、今回ブログに書く運びとなりました。(特に後者に尽きる)

プロじゃなきゃ作れないような手の込んだ料理は勿論出来ないですし、紹介しようとも思いません。

過去に載せた

お手軽簡単レシピ!【万能】「ぺペロンソース」の作り方! - にゃんこの法則

くらい簡単でコストパフォーマンスが良いレシピがめんどくさがりな私には丁度良いのです(笑)

最後に

前述しましたが、今回がイナダを使用しただけであって、基本的には他の魚でも合います。

例、マグロ、サーモン、ハマチ、ブリ。魚ではないが馬肉等。

魚の捌き方に興味がある方は、こちらの動画がおススメなので是非見てみてください<(_ _)>

www.youtube.com

丁寧かつ分かりやすい素晴らしいお手本だと思います!

という訳で今回はこの辺で失礼致します!

それでは(^^)/