にゃんこの法則

主に映画、ゲーム、雑談をテーマに書いてます

はてなブックマーク攻略!ただそれってどうなの・・・!?

f:id:nyankonohousoku:20180411211729p:plain

どうもにゃんこ二等兵です!

ブログ運営していない人には全く興味のない記事になってしまいますが、許してください(笑)

ここ最近は実験的、検証目的でブログ記事を更新することも多く、アクセスアップについて模索していました。

時事ネタを多くアップするようになったのもそれが関係しています。

かれこれブログ開設をしてから8か月。

アクセスが上がらないままモチベーションを保つのも結構厳しいです。

はてなブログを運営する以上、見過ごせないのがはてなブックマークの存在ですが、ここ最近はてなブックマークからのアクセス流動はからっきし。

はてブが独自アルゴリズムを採用したせいで、新着エントリーに載ったとしても明らかに記事内容とカテゴリ分類が違っていたり、自分が願っている方向とは違う方向に行くことが多々あります。

過去にバズッたことも数回ありますが、それははてなブックマーク経由スマートニュースがほとんどで、はてなブックマークでバズった事は1回位しかないです。

はてなブックマークを上手く活用するために良く参考にさせて頂くのがこちらのブログ!

タマシイユレオさんのブログ!

私自身、はてなブックマークについて分かっている事は、独自アルゴリズムとスパム判定によってエントリーするかしないかが決まっている事とスマートニュースの映画欄に載るためには、はてブのエンタメ”それぞれのシネマ”に載ることが必須だということしか分かっていません。

ただ先日また、ある記事を実験的に載せてみました。

それがこちら↓

バズ狙いで書いたこの記事!

それが見事にヒット。

f:id:nyankonohousoku:20180413221528p:plain

ここ最近は平均アクセス数も下がってきてるので、尚更嬉しかったです。

えっ? 725じゃバズったうちに入らない? (;^ω^)

うちみたいな弱小ブログじゃ725でも結構凄い方なんです(笑)

ただ、スマートニュースに掲載されてバズった時と比べれば少ないですが。

という訳で狙い通りと言いましたが、どうやって狙ったのか?

方法はと言うと。

 

非明示的コメント誘導

 

しただけ。(非明示的コメント誘導とは読者にコメントをさせるように非明示的に誘導すること。)

ブックマークを明示的に依頼することは、はてながスパム行為とみなしているため、非明示的コメント誘導はブックマーク数を増やすためにかなり効果的という訳です。

ブログにはてなブックマークしか設置していない場合に関してですが、コメントするためには、はてブをブックマークするしかないんです。

はてブの人気エントリーに載るためには相当数のブックマークをしてもらう。

ただそれってかなり難しい事だったりします。

簡単に出来たらみんな載ってるので(笑)

前述のコメントするためにはてブをするしかない。

コメント誘導すれば自然とはてブが付く流れになります。

なので上記の記事ではかなり邪道であからさまな非明示的コメント誘導をしました。検証目的なので本心ではないアプローチの仕方だったりします。

はてブ掲載条件ははてなサポートで案内されていないため未だにわからないので、はてブに掲載されるまでは運でした。ただ掲載確率を上げるために努力はしました。

新着に載ってからの人気エントリーに掲載は計算通りといった感じです。

地力がないので、人気エントリーに載っていた時間も短く、バズったといってもこの程度のアクセス数になるのも頷ける(´・ω・`)

うちのような弱小ブログはタイトルや記事で疑問をなげかけても、アクセス母数が少ないですから読者からコメントが返ってくる確率はかなり低いです。

じゃあどうすればいいのか?

タイトルや記事で「ボケたりする」のが効果的だったりします。

要するに読者のツッコミ待ちです。

ボケが弱いとツッコまれない、またアクセス母数が低ければ低いほどブログほどかなり強めのボケが必要になります。

ちなみにアプローチを少し変えると炎上します(笑)

ただ炎上ははてなブックマークと相性が良かったりします。

炎上の場合、コメントが付く確率がかなり高いのでブックマーク数を稼げるからです。

ただコメント内容は誹謗中傷がほとんどでしょうが(笑)

なのでそれについて何とも思わない方は炎上商法をしたら、はてなブックマークでは結構効果的だったりします。

疑問を投げかけたり、共感を持たせる記事を書いてブックマークされるのは、記事内容に対して興味を持たれるというより、筆者に興味を持たれている事がほとんどだったりします。要するに知名度、人気です。

ただ大半のブロガーは知名度、人気がないので、それを手っ取り早く手に入れるには炎上させること(笑)

って、話が逸れたので戻りますが、はてブはブックマーク数が稼げば稼ぐほど人気エントリーに載りやすくなります。

はてなブックマークでコメントするためにはブックマークをしなくてはならない→どんなコメントでもはてブでは有利に働く。

非明示的コメント誘導はかなり相性が良い、炎上は更に相性が良い(笑)

ただそれってどうなの?思ってしまいます。

私が上記記事で行ったやり方や炎上ってあまり褒められたものでもないですし、印象としても最悪です。

あくまでもSEO対策は無駄!?海賊版サイト「漫画村」が見れない驚きよりも、やっぱりサイトブロッキングって出来るんだ(やっちゃうんだ)・・・という恐怖。 - にゃんこの法則(追記2018年4/14:削除済)は検証目的だったので載せたまでで、現在、既に効果は分かったので次回から同じような手法でやろうと思いません。

ちなみに上記で行った手法は間違った内容であえて書くというもの。読者もツッコまざるをえないので”コメント=ブックマーク数”を稼ぐことも容易い。

ただ上記レベルのようなやり方はブログの規模によっては炎上しかねないのでお勧めはしません。

しかし炎上するような規模のブログはこんなことしなくても自然にブックマーク数を稼いで勝手に人気エントリーされる、正に真理だったりします。

ちなみに上記記事と同じような種類の時事ネタを過去数回が上げましたが、非明示的コメント誘導をしていた訳でないので、特にはてブでヒットすることはなかったありませんでした。

なのでうちのような弱小ブログは、普通の内容だと効果はいまいちで、はてブからあんまり恩恵を受けにくいという結果。

ブックマーク数だけではなく、Youtubeのように高評価、低評価のボタンを設置したり、またその割合でも評価されるようなスタイルにしてほしいなと個人的には思ったりします。

 

なので”はてブ攻略”のおさらい。

  • はてブの掲載条件ははてなサポートが案内をしていないので分からない。
  • スマートニュースの映画欄に載るためには、はてブの映画”それぞれのシネマ”欄の掲載が必須(最低)条件。
  • 非明示的コメント誘導がかなり効果的。コメントさせる余地を残す。

 

8ヶ月運営して、それなりに模索してもこれだけしか分からない(笑)

私の記事は読んで得する情報が載ってないのも原因の一つ。

良記事を書けて、それで勝負して、見事バズってる方をみると羨ましい限りである(笑)

私の場合はそこまでの能力がないので、この状況を打破するには、かなりアコギなやり方をしないといけないのかな?と思ったり(冗談)

という訳で今回はこの辺で失礼いたします<(_ _)>

それでは(^^)/