にゃんこの法則

主に映画、ゲーム、雑談をテーマに書いてます

【特撮映画】「ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO」を観た!今、特撮が熱い!

f:id:nyankonohousoku:20180811195650p:plain

   

最近は特撮ヒーローものにハマっている。どうもにゃんこ二等兵です!

 

以前、「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」を見た時に「ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO」の存在を知った私はHuluで公開されるのを待ち望んでいたのですが、つい先日Huluで公開し始めようやく観ることが出来ました!

「ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO」は「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」の前日譚を描いています!

なので「ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO」→「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」の順序で観た方が当然良いと思います。

という訳で早速レビューをしていきたいと思います!

※ネタバレ注意!

ガールズと謳っているので、登場するキャストは女性だけです。

なので子供ではなく世のお父さんたちをターゲットにした作品だと思います(笑)

 

主に登場するキャストは

  • 日渡茉莉花 / デカイエロー
  • 胡堂小梅 / デカピンク
  • シェリー
  • シシー
  • タミー
  • マキ
  • ビビアン
  • 紅牙
  • ソフィ

デカイエロー・ピンク、シェリー、ソフィー、紅牙は「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」にも登場します!

という訳でざっくり内容を説明すると

ある施設のベッドの上でで宇宙警察のメンバー達が目覚める。

幽閉されたことに気がついた宇宙警察のメンバーの元に赤い怪物”ヘルバイラ”が急襲。

次々に宇宙警察のメンバー達を殺していく、ジャスミンや小梅、シェリー、タミーも太刀打ちするが力敵わず殺される。

殺されたと思ったら、またベッドの上で目を覚ますジャスミンたち。

永遠ループしていることに気がついたジャスミンたち、どうやらヘルバイラを倒さないとこのループは終わらないことに気がつく。

ジャスミンたちの力だけではヘルバイラを倒せない。

しかしそこにはとてつもない拳法の達人宇宙刑事マキが。

ジャスミンたちはマキの力を借りヘルバイラを倒し、無事現実世界に戻される。

現実に戻されるとそこは銀河宇宙警察の施設でどうやらジャスミンたち含める宇宙警察のメンバーたちは銀河連保警察刑事部長バーディーによって事前の通知なしでシミュレーション訓練に参加させられていた。

ヘルバイラは現実にも存在していて、どうやらヘルバイラは邪教団「幻魔空界」の幹部の1人。

ヘルバイラを取り逃がすまいとソフィー長官自ら犠牲になり共にシミュレーションの時と瓜二つ、同じ構造をした施設に立てこもっている。

バーディーはソフィーの奪還とヘルバイラ討伐の為にシミュレーション訓練を行ったとジャスミンたちに陳謝。

シミュレーション訓練を無事達成したジャスミン、小梅、シェリー、タミー、マキでソフィーの奪還、ヘルバイラ討伐を実行する。

とこんな感じ。

   

まずあまり期待をしていなかったアクション。

女性のみの編成でもアクションは結構凄かったりします。

特にタミーとマキ。

この二人がアクションの要。

どうやら現実でもタミー役は空手、マキ役はアクション出の女優さんだそうで、作中ではそのアクションをいかんなく発揮しています!

小梅やジャスミンも頑張ってますね!

次は残酷描写に関してですが、「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」同様、結構残酷な描写があります(笑)

まずジャスミンは首をひねられて死ぬシーンが何回もあります。

小梅は触手で頭を突き抜かれ死ぬシーン。

タミーやシェリーも同様。

またシェリーに関しては「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」同様、敵にボコボコに殴られ、血反吐を通り越した吐血シーンがあります。

 

f:id:nyankonohousoku:20180811210325p:plain

 

シェリーは毎回こういった役回りで同情すら覚えます(笑)

 

んでタミーは自身の装備しているブレスレットを引きちぎると暴走し、力がとてつもなく凄くなる種族だそうですが

 

f:id:nyankonohousoku:20180811210706p:plain

 

暴走モードのタミー!

これじゃ敵か味方かわからない(笑)

っていうか敵も味方も区別なく襲い掛かります!

このモードでボコボコにされているシェリーを紅牙から守り、無事紅牙を追い返しますが、この暴走タミーを止めたのがなんと

 

f:id:nyankonohousoku:20180811213831p:plain

 

ウメコ(笑)

暴走タミーを元に戻すのに有効なのはなんとキスみたいです(笑)

ってかキッズ映画としてはかなり異質な感じがします!

完璧にターゲットは大人です(笑)

という訳で2017年に公開されたこちらの映画!

最近は「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」や「特捜戦隊デカレンジャー 10YEARS AFTER」など、デカレンジャーやギャバンが中心となり、特撮を盛り上げている印象を受けます!

またデカレンジャーとギャバンはお互い警察繋がりととても相性がよく、また事件とミステリーと関連付けられるため、物語も比較的面白いです。

ただその反面子供には過激だったり、内容が難しかったりする印象も受けます。

しかし私が子供の時にやっていた鳥人戦隊ジェットマンも今思い出せば中々エグイ内容だったと思います!

特にラディゲがトランザに向けて「俺様の名を言ってみろ」というシーンは結構衝撃的だった気がします。

そしてトランザの精神は打ち砕かれ→植物人間→退場の流れは今のご時世なら絶対やらない演出かなと(笑)

そういえばジェットマンのレッドホーク役の田中弘太郎さんの宣材が比較的新しくなってる?のが気になったのだが、俳優として復帰したのだろうか?

 

f:id:nyankonohousoku:20180811215728j:plain

 

f:id:nyankonohousoku:20180811215811j:plain

 

f:id:nyankonohousoku:20180811215822j:plain

 

なんか優しそうな雰囲気が当時のままな気がします!

って、話が逸れてしまいましたがこれだけは言っておく。

f:id:nyankonohousoku:20180811220504j:plain

   

現在特撮が熱い!

 

あばよ( `ー´)ノ