にゃんこの法則

主に映画、ゲーム、雑談をテーマに書いてます

健康って素晴らしい!!検査をうけてきました(T_T)

こんばんは、はみ子です(^^♪

 

 

台風による雨風がすごくなってきました(; ・`д・´)

今日はあちこち買い物に出かけましたが、台風接近に伴い、〇時で閉店いたします!とどこも早く閉店すると張り紙がされていました。

私が住んでる地域は夜中の間に通り過ぎ、朝には晴天予報されています。これから向かっていく地域にお住まいの方は十分ご注意くださいね!!

 

さて、今回は過去にもちょろっと書いたんですが、

7月末から手指に痺れ、痛みが出るようになってしまい、病院に通院している私(^_^;)

診断に結果、肘部管症候群と診断されました。

肘を通っている尺骨神経が曲げ伸ばしの時に圧迫され、小指側の手指に痺れや痛みが生じています。

四六時中ずっと痺れていて、痛みもあり、握力の低下、生活に支障がではじめているので、手術を受けることにしました(T_T)

 

それに伴い、まずは検査を受けて下さい!ということで先日検査を受けてきました。

その検査は神経伝達速度検査筋電図検査です。

 

神経伝達速度検査は。。。

手や足を動かす神経(運動神経)や痛みや温度を感じる神経(感覚神経)の興奮の伝わる速さを検査することにより、神経障害の有無や程度を知ることができます。

検査は調べようとする神経を電気刺激して、刺激の伝わる速さを測ります。

刺激は輪ゴムでパチンパチンとはじかれるような感じがします。

人によってですが、私は痛く感じました(>_<)

 

両手とも検査をし、速度を測り、痺れが出ているほうが速度の伝わりが遅いとわかりました(-_-;)

 

更に詳しく検査しようということで筋電図検査を受けました。

 

筋電図検査は。。。

筋肉の運動障害、脱力、痛みなどの原因が筋肉によるものなのか

筋肉を動かしている神経によるものなのかを調べます。

障害部位、程度などを判定します。

検査は筋肉に細い針をさして検査します。

その際に医師の指示に従い、力を抜いたり入れたりします。

 

いや~これはマジで痛かったです(T_T)

痛みに弱いので余計そう感じたのかも知れません。

 

 

検査は30分くらいで終わりました。

終わった後はこんな感じ↓

f:id:nyankonohousoku:20181001010302j:plain

f:id:nyankonohousoku:20181001010408j:plain

 

筋電図検査を受けなきゃいけない場合は「痛い」ってことだけ覚えておきましょう(笑)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>

 

それでは(^^)/~~~

 

 

www.nyankonohousoku.com

www.nyankonohousoku.com